忘れな草をあなたに。

冷えます・・・とても寒いですね.

ニュースで札幌は吹雪いて目の前が真っ白!!だそうですね。

危ないなぁ~・・・お買い物どうなさるのかなぁ~…など考えてしまいましたが

札幌の方々にとっては、こんなの序の口だそうです。

お気をつけて過ごしていただきたいと思います。


今日は、レッスンでのお話を少し。

私のレッスンは、結構おしゃべりが多くミニ女子会が繰り広げられます♪

お姉さま方の初恋話や失恋話、夫婦喧嘩のお話とか(笑) 

とても楽しいですよ♪♪

今日の生徒のMさんは、【忘れな草をあなたに】という曲をお持ちになりました。

忘れな草は、オーストリアの陶器メーカー アウガルテンの絵柄になっていたり

イタリア歌曲にあったり よく出会う名前ですよね。

Mさん、近くに長いお付き合いのご友人を空にお送りなさったとのこと。

大人になってから知り合ったお友達だけど、とっても気が合って。。

とても大切な存在だったとのこと。

先日、お見舞いに行ったときに

一緒に歌った歌が【忘れな草をあなたに】だったそうです。

今、とても寂しくて寂しくて・・・

残念ながら最後の歌になったので、今日はこの歌を歌いたいと。

そのMさんの歌が、私の心に染みました( ;∀;) 

Mさんがこの曲と花と共に楽しく歩んでくだされば、いつかきっとどこかで出会えるかもね~

と忘れな草のお話をたくさんしました。

この歌の題名になっている 忘れな草 という花は、初夏に紺碧色の花を咲かせます。

英語ではforget-me-not, ドイツ語ではVergissmeinnichit というのですが、

いずれも「私を忘れないで」という意味です。

この花には、名前を由来する話がいくつかあり、中でも有名なのが

ある若者が、ドナウ川の川辺で恋人のために珍しい碧い花を探し、摘み取ろうとしたとき

崖から足を滑らせて川に落ちてしまいました。 

最期の瞬間に、彼は少女に向かって

「僕のことを忘れないでね」と言って急流に飲み込まれました。

残された少女は、若者のお墓にこの碧い花を植え、

彼の最期のことばを花の名前『忘れな草』にしたそうです。


花言葉は『真実の愛』『私を忘れないでください』

出会いがあれば別れもあるのでしょうが、またいつか必ず出会えると信じて


話は違いますが、先日 横浜中華街で友人とふらっと入った手相占いの占い師さんの

お名前が碧(あおい)でした。     

Soprano Mika Mori

ソプラノ森美佳のHP

0コメント

  • 1000 / 1000